Waitroseで販売しているTaiko Foodsのお弁当、お寿司シリーズ。2019年春現在、Waitroseでは寿司を中心に沢山のTaiko Foodsの日本食を扱っています。

今日はその中の「チキンカツ弁当」「エビフライ弁当」「サーモンポケ」の試食会をしました。

Chicken Katsu Bento「チキンカツ弁当」(£4.00)
チキンカツが4キレ。ご飯は何かの野菜がまざったすし飯。付け合わせに茎わかめ、紫キャベツ、さつまいもと人参のサラダ(和え物)。ワサビレモンソースがついてきます。

今回はご飯は電子レンジで、カツはグリルで温めて頂きました。なので、チキンカツはサクサク。ワサビ・レモンソースはなかなか美味しい!他の料理にも使えそう。お弁当なのに寿司飯なのは白米が苦手なイギリス人向けでしょうか。まぁ、悪くはないです。付け合わせの茎わかめ、紫キャベツはたっぷりでチキンカツより量が多いような気も(笑)。

全体的には可もなく不可もなく、感動もなし。温めずに食べることを想定しているようですが、温めて食べることをお勧めします。

箸が付いているので、買ってそのまま公園や会社、学校で食べられるのは大変便利ですが、何故か箸がかなり短いです。

Torpedo Prawn Katsu Bento「エビフライ弁当」(£4.50)
10㎝程のエビフライが3本。チキンカツ弁当と同じ野菜が混ざったすし飯、茎わかめと紫キャベツの付け合わせ。ゆずマヨネーズがついてきます。

グリルで温めた海老は衣も厚くなくプリプリで美味しい。ゆずマヨネーズソースも合います。付け合わせの茎わかめ、紫キャベツはやっぱり多め。

チキンカツと同じで冷たいままで食べるのを想定しているようですが、温めて食べることをお勧めします。毎日のランチがサンドイッチで飽き飽きしてる方には日本で売ってるお弁当に近いものは有りますのでお勧めします。チキンカツ弁当同様、箸が短いのが気になりました。

Salmon Poke「サーモンポケ」(£3.75)
寿司飯の上にサーモン、茎わかめ(また!!)、枝豆、ロケット、スプリングオニオン、アボカドムースがのった丼物。醤油ベースのソースがついてきます。

サーモン量はちょっと寂しい。アボカドムースも一口程度。その割に大量の茎わかめ!!!すし飯はポロポロ。これだったら自分で生で食べられるサーモン買ってご飯に載せて食べた方が満足するでしょう。

ただ、時間がない方にはこの値段で日本食を食べられると思ったら便利な一皿です。質はイマイチでも値段、手間を考えると緊急時に活躍するかもしれません。

イギリス人向け、冷たいままで食べるというのを前提にしているようなので、日本のデパ地下弁当レベルを期待してはいけないようです。