ワクチン接種してきました!

1回目のワクチン接種してきました!

先日、コロナウィルス1回目のワクチン接種をしてきました。ワクチンに対する考え方、痛み・副反応(副作用)の感じ方も人それぞれ異なると思いますので、あくまで一つの体験談としてご紹介します。

まずはオンラインで予約!

50代の方の接種が始まっていたので、40代の接種もそろそろかなと思い、毎日ポストに届く手紙を待っていましたが、その日は突然やってきました。4月13日、仕事中の夫から「45歳以上の予約ができるらしい」とテキストが!丁度、パソコンで仕事をしていたので、すぐにNHSのサイトにいき、NHS Number(なくても予約できます)や誕生日などの個人情報、希望の会場の施設条件(通訳が必要か、車いすで来る予定かなど)にチェックをし(私は特に必要なかったので、「必要なし」にチェック)、最後にポストコードを入れると予約可能なワクチン接種センターの一覧が出てきました!

近くの接種センターが出ていたので、すぐに予約!同時に2回目(7月)の予約もできました。そこで接種の時に必要となる予約番号が表示されます。希望すれば、メールやテキストで予約確認のメッセージを送ることもできました(但し、すぐには届かず翌日にメッセージが届いたので、念の為、予約番号を控えておくことをお勧めします)。

夫も同じような時間帯にNHSのサイトにアクセスしたそうなのですが、その時は近所のセンターが全く出てこなかったとの事ですので、アクセスするタイミングで表示される接種センター・日程がかなり異なるようです。あまりに遠い所しか出てこなかった場合はまた時間を改めて確認するのも良いかもしれません。

接種当日

持ち物とは上記の予約番号とフェイスマスクぐらい。駐車場に入ったところでスタッフに決められたエリアに車を停めるように指示され、駐車後会場へ。会場に入る前にまずハンドジェルで手を除菌、非接触式体温計で体温のチェック。次に、ワクチンについて書かれた説明書(写真、左)を渡され、そこで初めて接種するワクチンはアストラゼネカ製という事を知りました。その後、受付にて予約番号、本人確認の為の質問にいくつか答えた後、列に並ぶように指示されました。

いざ、接種!

少し待った後、看護師さんがいるブースへ。とてもフレンドリーな看護師さんはまずは一言「緊張してる?」と優しく声を掛けてくれました。本人確認の為の質問、服用中の薬の有無、アレルギーの有無などの確認、ワクチンについての説明(副反応など)の後、接種へ。その際に右腕、左腕どちらがいいか聞かれ、近所の人が接種後、腕が痛いと言っていたのを思い出し、念の為、利き腕とは逆の腕にお願いしました。最後に、ワクチンのロット番号、日にちが記載されたカード(写真、右上)を渡され、2回目の接種の際にそのカードを持参するように言われました。

接種後

車を運転して帰らない人は接種後すぐに帰る事ができるのですが、自分で運転して帰る人は接種後10分程待機する必要があります。みなさん、スマホをいじくりながら10分経ったら帰るという感じでした。私も10分待って自分で運転して帰宅。予約の時間から会場を出るまで20分程度でした(会場や日、時間によって異なると思います)。

翌日、副反応(副作用)を感じる

翌日、接種した腕に筋肉痛のような、打ち身のような痛みと、心なしか身体がダルく感じました。腕の違和感は2日ぐらい残りましたが、体のダルさは翌日だけでした。人によっては発熱や頭痛もするとの事なので、接種翌日以降の予定も考慮して予約をし、万が一体調が悪くなる可能性がある事を頭に入れておいた方が良いかもしれません。

後日、NHSからワクチン接種のお知らせが届く

先日、NHSから青い封筒の手紙が届きました。何かと思えば「まだワクチン接種の予約をしていなかったら予約してね」という内容の手紙とワクチンに関する冊子(写真右下)でした。冊子には副反応について、接種後にもらえるカードについてなどの情報も書かれあり、私が感じが副反応(腕の痛み、身体のだるさ)はどちらもVery common side effectsだそうです(同じような説明が当日貰った薬の説明書にも書かれてありました)。

ワクチン接種してきました!” に対して1件のコメントがあります。

  1. ゆき より:

    私も土曜日アポ入ってますっ
    70代の実家の親に羨ましがられながら。
    楽しみとは言えないけど旦那も1度目済ませてるので、夏休み前には夫婦二人共2度とも済ませられる事を祈ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA