【2022年5月】出発前検査証明で陽性が出てしまった話・・

これから夏に向けて日本に一時帰国する方が多くいらっしゃると思います。そんな方が一番心配になるのが、出発前検査で陽性が出てしまう事・・・。一番考えたくない最悪なパターンを私が経験してしまいました。その経験談をみなさんにシェアしたいと思います。

まさかの陽性!

日曜日早朝のフライトを予定していた私が、子供二人と一緒に近所のTravel ClinicでPCR検査を受けたのが金曜日の夕方(出発の約38時間前)。翌日の土曜日、子供を補習校に送り友達をお茶でもしようとした頃に結果のメールが来ました。子供ひとりがまさかの陽性!!!!!PCRに行く前の数日、フローテストで陰性を確認していた事もあって、青天の霹靂とはこの事!一番恐れていた結果に頭の中が真っ白になりました。

諦めきれず、再度PCR

実は陽性が出てしまった子供はPCRの前にチョコレートを内緒で食べたことを検査後に白状しました。まさかチョコレートが原因で陽性に?諦めきれず、再度PCRを受ける事を決意。既に出発まで24時間をきっていたので、Express PCRをやっているTrafford CentreのLandoxに行きました(LandoxのPCRについては、この記事に詳細あり)。

LandoxでのExpress PCRは検査結果が1時間~3時間で出るサービス。但し、日本語フォーマットの対応はしてくれません。1時半頃にPCRを受け、3時前に結果を受領。結果は奇跡の陰性!!!!!信じられない!

緊張の到着後の抗原定量検査

陰性証明(英語のみ)をGETし、時間はかかりましたがMYSOSも無事に緑画面になったので、日本に旅立つ事はできますが、問題は日本到着後の抗原定量検査(2022年5月当時は検査が必要でした。2022年6月現在、イギリスから入国する方は検査の必要がありません)。一度陽性が出ている事もあり、陽性が出る事を覚悟していました。ですが、さらなる追い打ちが!!!

一度、陽性を出した子が、着陸時にまさかの嘔吐。。。もう踏んだり蹴ったりとはこのこと。顔が青白くなった状態のまま、到着後の手続きへ。嘔吐した事を伝えると、案の定、別テーブルに案内され上司らしき方とお話しする事に。熱はなかった事、嘔吐以外の症状はなかった事で通常の手続きに戻されました。

ただ嘔吐した事もあって、唾をだす抗原定量検査はできないと思い、子供だけ鼻ぬぐいのPCRに変更してもらいました。子供の隣で見ていましたが、イギリスでのPCRとは異なりかなり奥深く鼻をグリグリされていたようです。

奇跡の陰性

とても緊張していたので、どれだけ待ったかわかりませんが、待合エリアには私たちだけに。もうこの時点で隔離を覚悟しました・・。でも、まさかの陰性!!!!!陰性と伝えられた時に「いぇーい!」と雄たけびをあげたのは私達ぐらいだと思います(笑)。そんなこんなで、緊張した2日をすごし無事に日本入国を果たしました。

こんな経験をしてしまった私がみなさんへのアドバイス

出発前PCR検査は時間に余裕をもって受けておいた方が良いと思います。テスト結果がVoid(無効)となったという話も聞いた事があります。そんな場合でも、時間に余裕があれば再度テストを受ける事もできるし、陽性が出てしまった時のフライト変更などの対応を考える時間があります(うちは夫が1週間後に合流予定だったので、陽性が出た子は夫と一緒に来るというパターンを想定しました)。

また、チョコレートが陽性になった要因とは考えにくいのですが、PCR検査の前30分は食事は避けましょう。念の為、うがいをしておくのも良いと思います(テスト30分前はダメです)。

一番考えたくない、出発前検査でまさかの陽性。こんな人もいたよということで、参考になれば幸いです。また、みなさんが、うちのような経験をしないことを本当に願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA